巻き爪の原因

人はなぜ巻き爪になってしまうのでしょうか。 その原因は、自分に合わない靴を履いているとか、爪によくない歩き方をしているなど、さまざまなものが挙げられます。

例えば、自分の足に合わない、サイズの小さな靴を履いているとします。
特に足先の細い靴に顕著に見られる傾向ですが、爪や指先が常に圧迫された状態が続くと、爪の巻く力が必要以上に強くなり、巻き爪が発生してしまいます。巻く力が強過ぎてなってしまうのとは逆に、爪自体のもつ「広がる力」が弱くなってしまった状態も巻き爪の原因となります。

例えば、深爪をしている時です。爪を短く切り過ぎてしまうと、皮膚が爪を支えることができず、皮膚が盛り上がり、爪の縁が食い込んだ状態となっていきます。「広げる力」が弱まるのは深爪だけではありません。歩き方にその原因があることもあります。
指先に重心のかからない歩き方をしていると、足の指が地面から浮き上がり、爪の「広げる力」を弱めてしまいます。
これは、例えば自分に合わない靴を履くなどして、歩いている時の重心がかかと中心になってしまう時に起こります。

また、日頃からあまり運動していない人も、地面からの圧力を受けず、爪の「広げる力」を弱める結果となりやすいのです。

つまり、巻き爪となる原因は、日々の生活習慣にあるといえるでしょう。

巻き爪の治療方法

・痛くありません。
・すぐに痛みは解消します。
・爪の先端がなくても問題ありません。
・再発率は低いです。
・見た目はあまり気になりません。
・爪の片側一箇所から治療可能です。
​・小さな爪でも問題ありません。

ペディグラステクノロジー社が開発した「ペディグラス巻き爪補正」という器具を取り付け、爪の補正を行います。

​爪の巻く力を高い技術力と器具により補正することで、巻き爪は改善されます。

治療内容は、爪のケアや器具の取り付けがメインになります。

​取り付け後は定期的なメンテナンスが必要になります。

ご予約は各店舗にお電話ください。